今や常識VIO脱毛のすべて!料金、痛み、メリット・デメリットを知ろう

最近よく耳にする「VIO脱毛」。

この記事では、VIO脱毛そのものを知らない人や、不安が大きく、やるべきかどうかを迷っている人にもよくわかるように、VIO脱毛のメリットやデメリットに触れながら、これから詳しく解説していきます。

VIO脱毛のV、I、Oってどこ?

VIO脱毛とは、女性のデリケートゾーンを総称した脱毛ラインのことをいいます。簡単に言うとアンダーヘアからお尻にかけてのラインのお毛毛のことをいいます。

実は脱毛部位の中でもVIOはほとんど方がお手入れする人気の脱毛部位なんです。

なので詳しく説明していきますね。

まずは「V」。

Vとはすなわち、下着や水着を着用した際にできる、三角形のアウトラインで囲まれた部分です。

つぎに「I」。

Iとは、女性器まわりの縦ラインのことをいいますが、女性器は大事な器官であるうえに、粘膜が近い部位でもあるため、より慎重な施術が必要となる部位でもあります。

最後に「O」。

Oとは、肛門周りの部位のことをいいます。

脱毛サロンや医療クリニックによっては、肛門周りを数㎝単位で細かく決めているところもありますが、概ね肛門から約2㎝~3㎝あたりを肛門周りとして設定しているところが多くなります。

自分のお尻なんてじっくり見てないと思いますが、私は初めて自分のア○ルあたりを鏡で見た時はエッこんなとこに毛が〜〜〜〜、そして汚ーーーーーって凹みました。

もちろん私も全身脱毛をして、IとOはツルツルに。Vラインはナチュラルな形で範囲を狭く毛を薄くしました。

最初から無毛にするのは勇気がいりましたがやって正解。蒸れないしオマタの臭いも気になくなりました。

VIO脱毛経験者の声

アンダーヘアを普段から処理していない人は、脱毛することにたいして不安を感じることもあるでしょう。なのでこれからチャレンジしようかどうか迷っている人は、経験者の声を聞いてみると、とても参考になるものです。

特にインターネットには、脱毛体験や感想をまとめた口コミサイトがあふれています。

そんな口コミサイトに寄せられた、VIO脱毛の口コミをいくつか紹介します。

≪やってみてよかった≫
VIO脱毛が気になるものの、痛みが心配でなかなかできずにいたけど、思い切って挑戦してみた。今まで手が付けられないような状態だったのが、とてもきれいになって大満足。早く挑戦しておけばよかったと思った。

≪生理時が楽になった!≫
生理のたびに気持ち悪くて仕方なかったので、恥ずかしい気持ちがあったけど、脱毛することにした。きれいに形を整えてもらい、毛量も減ったので、生理の時の蒸れや不快感がなくなった。生理時の憂鬱が減った。

≪下着選びが楽しい≫
今まではアンダーヘアを気にしながら下着を選んでいたが、脱毛したおかげで下着選びが楽しくなった。これから夏がやってくるので、水着を選ぶのもとても楽しみ。

VIO脱毛して後悔した。という人もいないわけではないのですが、満足している人が多いです。

VIO脱毛のメリットとデメリット

大人気のVIO脱毛ですが、当然ながらメリットがあればデメリットも存在します。どんなメリットとデメリットがあるのか、それぞれ見てみましょう。

衛生面◎(ムレや臭いの軽減される)

女性にとって面倒なのが、毎月やってくる生理ですよね。経血がムダ毛に付着したり、通気性が悪く蒸れてしまったりと、何かと不快感を感じることが多いのが生理です。

時として悪臭が発生してしまうこともあるため、周りの目が気になったりすることもありますよね。

だからこそVIO脱毛をしてムダ毛をきれいに手入れすれば、このような不快感を軽減し、生理時でも清潔感を保つことができるようになります。

見た目○(モジャモジャしているよりマシ)

VIOラインは特に黒くて太い毛が生えてくる傾向にあります。そのため、手入れをしなければムダ毛が伸び放題となり、見た目的にも大変なことになってしまうものです。

アンダーヘアがボーボーよりも、ちゃんとお手入れし、毛量を減らしたり、形をきれいに整えるだけでも見た目は抜群に美しくなります。

大衆浴場や温泉など、裸になる場所でも恥ずかしい思いをすることがなくなります。

下着や水着も自信満々に見せれる◎

夏になると楽しみなのが、夏特有のレジャーですよね。沖縄では水着姿になる機会は多くないけど、やっぱりビキニとか着たい!

水着を着用するとなればVIOラインのムダ毛にも細心の注意を払う必要があります。ムダ毛が手入れされていなければ、常にムダ毛を気にしないといけなかったり、選択できる水着も限られてしまうものです。

VIOラインをきれいに脱毛しておけば、夏が来ても慌てる必要がなくなり、好きな水着を思いっきり楽しむことができます。油断してビキニからハミ毛してしまったら最悪。

アンダーヘアをきれいにお手入れすることで、日ごろから着用する下着選びも楽しくなり、選択できる下着の幅も広がるものです。

毛深かったらとにかく痛い

VIO脱毛の唯一のデメリットとも言えるのがレーザーの痛み。

脱毛という施術は、毛の黒い組織に反応する特殊な光を照射して脱毛していきます。この光は、黒くて太い毛ほど強く反応するものです。

VIOラインに生えてくるムダ毛は、黒くて太い毛なんですよね。

痛さは個人差があるのですが、ほとんどの人が毛一本一本が太いので、照射する光の反応が強く、少々痛みを強く感じてしまいます。

永久脱毛すると一生生えてこない

同じVIO脱毛でも、永久脱毛による脱毛方法を選択すると、その後はほとんどムダ毛が生えてこなくなります。

VIOラインを完全に無毛にすることを「ハイジニーナ」ともいい、海外では多くの女性がこのハイジニーナを選択しています。

完全無毛にしてしまうと、ムダ毛がなくなることで清潔感が増し、メリットはたくさんありますが、永久脱毛で施術した後に、あとあと後悔しても毛は生えてきません。

永久脱毛でハイジニーナにする際は、後悔しないかどうかを、しっかり自分自身で覚悟することが大事です。

VIO脱毛で懸念されること

VIO脱毛をするにあたり、懸念されることといえば、他人の視線ですよね。
VIO脱毛は人気の高い脱毛部位ですが、まだまだ全体的な経験者は少なく、きちんと手入れされている人の方が少ないのが現状です。

温泉やジムの大浴場とかで、同性からの視線も気になる

大衆浴場や温泉など、人前で裸になった際に、同じようにきちんと手入れされている人が少なければ、同性からの視線が少し気になってしまうことがあるかもしれません。

特にハイジニーナ(無毛)にしている人はまだまだ少ないため、目立ってしまう可能性もあります。ですが、日常的に人目に触れることのないVIOラインをきちんと手入れしている人こそ、「美意識が高い人」ということもでもあるのです。

人目に触れない部位こそきちんと手入れし、美意識が高い自分に自信を持つことが大事です。

初めてのときはドキドキ。男性からの印象

男性は女性以上に、綺麗に手入れされたVIOラインを見慣れていないものです。全く手入れがされていない場合でも、引かれてしまう可能性もありますが、きれいに手入れされた状態に驚く男性がいる可能性もあります。

また、好みが分かれるところであることも事実です。

彼氏や夫などの、パートナーの反応が心配な場合は、事前に軽く聞いてみてから脱毛に取り掛かると、後あと後悔することもなくなります。

Vラインはどう処理する?人気になる形とは

思い切ってVIO脱毛に挑戦することにしても、どんな風に脱毛したらいいのか、迷ってしまいますよね。

完全に無毛にしてしまうのも1つの脱毛方法ですが、全体的な毛量を減らす方法や、形を整えながら自分好みの形に脱毛してもらうという方法もあります。
現在多くの脱毛サロンや医療脱毛で、事前に好みの形をデザインしてから脱毛に取り掛かる、という方法が多く取られています。

ハイジニーナ(完全無毛)

ハイジニーナとも呼ばれる完全無毛タイプは、まだまだ日本国内では広く浸透しているデザインではありません。

ですが、自己処理から解放される点や、とても衛生的になるというメリットは数多く存在します。

男性による好みが分かれるタイプでもあります。

逆三角形

VIOのVラインは逆三角形をしていますが、現在生えているこのVラインの形を整えながら、きれいな逆三角形を完成させるデザインです。

現状と大きくデザインが変わらないため、抵抗感が弱く、取り掛かりやすいデザインとして人気が高いデザインです。

スクエア型

Vラインのムダ毛が、全体的に台形になるデザインです。

現状の逆三角形より多少形が変わることになりますが、毛量を減らすことができる点や、きれいに手入れされていることがわかりやすいデザインでもあります。

楕円形型

Vラインのムダ毛を、全体的な形を楕円形にまとめていくデザインです。
丸みを帯びるデザインでもあるため、女性らしさを象徴することができるデザインとして、人気を集めています。

VIO脱毛の痛みにはどう耐えればいいの?

脱毛という施術には、多少の痛みがつきものです。選択した脱毛方法や、脱毛する部位によっても、その感じ方には違いがあります。

黒くて太いムダ毛にこそ、強く反応する光を照射して脱毛していくため、そんなムダ毛がより多く生えてくる傾向にあるVIOラインの脱毛は、少々痛みを強く感じてしまいます。また、同じVIO脱毛でも光脱毛と医療脱毛では、痛みの感じ方に違いがあります。

優しい光を照射する光脱毛と比較すると、やや強い威力の光を照射する医療脱毛は痛みを感じやすいものですが、その分効果も高くなります。

痛みが心配な時は、脱毛方法や費用、効果の高さなどを、同時に比較検討してから決めることをオススメします。

VIO脱毛はいくらかかる?料金の相場

痛みや効果の高さも気になるところですが、費用も同じように気になりますよね。

VIOライン脱毛の価格は、脱毛方法によっても、施術を受ける場所によっても違いがあります。

また、VIO脱毛が全身脱毛に含まれる場合もあれば、含まずに部位別脱毛のみの場合もあるため、必ず事前に確認することが大事です。

光脱毛のVIO脱毛の場合

脱毛サロンが施術する光脱毛でVIOラインを脱毛する場合、相場は平均すると50,000円から90,000円前後となっています。
施術に必要な回数は、6回から8回程度です。

医療脱毛のVIO脱毛の場合

医療脱毛は、脱毛部位に関わらず光脱毛より少々費用が高くなってしまいます。医療行為として脱毛の施術を行うことや、高性能な脱毛機器を導入していることが、その理由です。

医療脱毛でVIOラインを脱毛すると、相場は平均すると100,000円から180,000円前後となっています。

施術に必要とされる回数は、4回から6回程度ですので光脱毛よりも早く終わります。

痛みに耐えて早く終わらすか、時間がかかってもできるだけ痛くない方法でやるかはあなた次第。

まとめ

VIO脱毛は、人気が高い脱毛部位ですが、経験したことがない人にとっては不安を多く感じる脱毛部位でもあります。

施術時の痛みや、費用、効果や脱毛期間など、不安に感じることを挙げればきりがないでしょう。施術時の恥ずかしさもありますよね。ですがVIO脱毛は、これらの不安を乗り越えてでも脱毛する価値の高い部位です。

脱毛することで得られるメリットはとても大きく、脱毛したことを後悔することはほとんどありません。

ムダ毛の自己処理や、生理時の不快感から解放され、下着や水着は選び放題です。

VIO脱毛をしたいけれど、勇気がない人や不安が大きい人こそ、思い切って脱毛してみることをオススメします。

こちらの関連記事もおすすめ