IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛の違い。それぞれの特徴、メリットとデメリット

脱毛サロンを選ぶときに、サロンの評判や料金についてを重点的に比較していると思います。

脱毛サロンでは「光脱毛」とひとくくりにされていますが、じつは光脱毛にもさまざまな種類があるんです。

ここでは特に主流となっているIPL脱毛SSC脱毛SHR脱毛について、どんな脱毛機種なのか、肌への影響など、違いなどをまとめてみました。

それでは、

それぞれの脱毛方式の特徴

メリット・デメリットと、施術が受けられるサロンを紹介します。

IPL脱毛とは

IPL方式とは、インテンス・パルス・ライト(Intense Pulsed Light)を使い、特殊な光を当てることで毛根を弱らせる脱毛の手法です。このライトの光を毛のメラニン色素に反応させ、熱を発生させることで脱毛・抑毛を行います。

医療脱毛で使われるレーザー脱毛やニードル脱毛といった手法と比べ、比較的費用が抑えやすいことや痛みが少ないことが特徴であり、多くの脱毛サロン・エステで行われている脱毛方法です。

IPL方式の脱毛を行う代表的なサロンとしては「シースリー」や「キレイモ」が挙げられます。

IPL方式には、以下のようなメリットがあります。

  • 痛みの少なさ
  • 施術時間の短さ
  • 施術費用の安さ

レーザー脱毛とIPL方式の違いは、施術にレーザーを使用するか否かです。

レーザーと比べIPL方式で使われるライトの光は出力が低く拡散するため、肌や皮膚組織へのダメージは少なくなります。したがって、処置中に痛みを感じやすいレーザーと比べIPL方式の脱毛で感じられる痛みはわずかです。

敏感肌の方やデリケートゾーンなど、レーザー脱毛を行うことが難しい場合にも対応しやすく、脱毛に伴う肌トラブルを抑えやすいこともIPL方式のメリットといえます。

また、IPL方式で使われるライトの光には一度に広範囲へ照射しやすいという特徴もあります。そのため一回の施術が短時間で終わり、全身脱毛の場合でも負担が少なく済みます。

IPL方式は、自由診療として高額になりやすいレーザー脱毛などと比べ施術費用が安価というメリットもあります。

しかし、IPL方式の脱毛にはデメリットも存在します。

  • 施術回数が多くなりやすい
  • 日焼け肌や色黒の肌に対応していない

IPL方式で使われるライトは医療用レーザーほどの出力はありません。それが上述の痛みの少なさにつながっているのですが、これは同時に毛根への効果が薄いということでもあります。

一般にIPL方式の脱毛は効果を実感できるようになるまでの施術回数が多い傾向があります。また、「毛周期」という毛が生えてくるサイクルを考慮しつつ施術しなければならないため、施術が必要な期間が長くなりがちです。

IPL方式は毛のメラニン色素に反応する光を当てる方法のため、日焼けしてメラニンが多くなっている肌に対しては施術できません。肌そのものに対してダメージを与えてしまうためです。

SSC脱毛とは

SSC方式は、主に「脱毛ラボ」や「ミュゼ」などのサロンで行われている脱毛の手法です。

特徴は痛みがほとんどないこと、そして肌へのダメージが少ないことです。

光を使って脱毛・抑毛を行うという仕組みはレーザー脱毛やIPL方式の脱毛と似ていますが、専用のジェルを使用するのがSSC方式の特徴です。

このジェルはライトの光に反応して美容・抑毛効果のある成分を毛穴や毛根に浸透させるようになっており、SSC方式ではこのジェルのはたらきによって脱毛・抑毛を行います。

このSSC方式には、以下に挙げるようなメリットがあります。

  • 痛みの少なさ
  • 肌へのダメージの少なさ
  • 施術時間の短さ

SSC方式による脱毛の仕組みは、レーザー脱毛やIPL方式のように直接光で毛根へダメージを与えるものではありません。

さらに施術で使用するライトも出力を抑えたものであるため、施術中の痛みは非常に感じにくくなっています。また、ライトの出力を抑えているほか、美容効果もあるジェルを使用しているため、肌へのダメージも低くなる傾向があります。

そのため、敏感肌の方でも施術が受けやすく、処置中の痛みだけでなく処置後の肌トラブルも気になる顔やVIOラインなどデリケートな部分の脱毛にも向いています。

SSC方式に使われるライトはレーザー脱毛に比べ照射範囲を広く取れるため、広範囲の施術に向くという長所もあります。この特長から背中や腕などを脱毛する場合でも施術時間が短くなりやすく、負担がかからないというメリットがあります。

肌への優しさと手軽さが特長のSSC方式ですが、次の3点のようなデメリットもあります。

  • 施術回数の多さ
  • IPL方式よりも採用しているサロンが少ない

SSC方式は肌へのダメージを少なく抑えつつ脱毛する性質上、非常に緩やかに効果が現れる手法です。さらに、毛周期に合わせた施術をする必要があるのもあって施術に必要な期間は長くなりがちです。

また、IPL方式よりも設備などが特殊という点から美容・脱毛サロンの脱毛方式として主流とはなっていないません。SSC方式の脱毛を受けたいと思っても近くに対応しているサロンがないということもありえます。

SSC方式は「脱毛ラボ」や「ミュゼ」といった大手脱毛サロンが採用している方式ではあるものの、こうした大手サロンはその人気のために予約が取りにくくなるということも考えられます。

SHR脱毛とは

SHR方式は、比較的最近になって確立された新しい脱毛の手法です。
従来の毛根に光をあてて毛を生えにくくする方法と異なり、毛包、つまり毛を作る組織全体に弱い光をあて、それによって発生した熱で毛を生えにくくすることがSHR方式の特長です。
この方式にはレーザー脱毛や他の光脱毛の手法にはない、次のようなメリットがあります。

  • 痛みがほとんどない
  • 日焼け肌や色黒の肌にも対応している
  • 産毛にも効果がある
  • 施術が必要な期間が短い

痛みが少ないことを特長とする従来の光脱毛と比べても、さらに施術の痛みが少ない方法であることがSHR方式のメリットのひとつです。

弱い光を広い範囲にあてる方法のため、瞬間的な強い光が痛みを引き起こすこともあったIPL方式などと比べても痛みはほとんど感じません。

レーザー脱毛などでは強い光線とそれにより発生する熱によって、軽いやけどのような痛みやかゆみが現れることもありました。こうした施術後の肌トラブルは強い光を使わないSHR方式には現れにくくなっています。

毛のメラニン色素に作用する光を用いていた従来の光脱毛では、日焼けした肌や色黒の肌に対して施術すると皮膚そのものにダメージを与えるおそれがありました。

しかし、SHR方式は光の熱を毛包に作用させるという性質のためにメラニン色素の濃い肌を傷つける心配がなく、今まで光脱毛ができなかった方にも対応していることが大きな魅力といえます。

SHR方式は光脱毛による脱毛が難しかった、メラニンの薄い産毛にも対応しています。肌へのダメージの少なさから眉間や額などにも施術後のトラブルを気にせず使え、従来の光脱毛ではできなかった顔の産毛の脱毛ができるという点もSHR方式の利点です。

施術時間と施術にかかる期間の短さもSHR方式のメリットのひとつです。

SHR方式は毛周期に左右されないという性質をもっており、他の脱毛の方式と比べ施術のスパンを短くしやすくなっています。そのため、短い期間で施術の効果を実感しやすいほか、サロンに通う負担も少なくなります。

メリットの多いSHR方式ですが、以下のようなデメリットも存在します。

  • 比較的新しい手法のためデータが少ない
  • 導入しているサロンが少ない

SHR方式は導入するサロンが増えてきてはいますが、まだまだ新しい方法であるために長期的な施術後のデータや評判などが蓄積されていません。長い目で見てのメリットを確かめたいという方にとっては不安を感じやすいでしょう。

また、IPL方式など従来の光脱毛と比べ、導入しているサロンの数は多くありません。

ストラッシュ」がSHR方式の脱毛を行うサロンですが、住んでいる地域によっては通うための費用や時間的な負担が大きくなったりする場合もあります。

いかがでしょうか?

光脱毛にも様々な種類があり、それぞれに違いがあるものなんですね。

自分にあった脱毛方式でサロンを選んでみてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ